黒地秀行
1989年兵庫生まれ。2013年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。同年フリーランスのイラストレーターとして独立。フリーハンドによる緻密なペン画で、様々なメディアのアートワークや会場のウォールアートなどを手がける。主な作品に銀座ソニービル「”It's a Sony" Exbition Part-2」(2017)のウォールアート、JRA札幌競馬場の「北海道ステークス 3,000km」(2018)など。
Back to Top